【GIMP2】矢印を描く機能はありません

こんにちは、豊かな暮らしを目指すサラリーマン事業主のTAKASHIです。

桜が咲いたと思ったら、何だか急激に冷えてきました。

あなたは体調など崩していませんか?

体調管理に気を付けましょう。

記事中で操作方法などを説明するのに、画像に矢印を入れたいシーンが出てきます。

ところが、GIMP2では矢印を描く機能がない!!

ちょっとあり得ないですよね。

今回はこれを解決してみたいと思います。

 

こんな風に書きたいときがありますよね。

Button Marche06

ところが、高機能なGIMP2と言われるわりには矢印1つも標準では描けないってあり得ない。

今回は、これを補うプラグインを紹介します。

 

プラグインの導入

まずは、下のサイトから矢印のプラグインをダウンロードします。

GIMPブラシダウンロード(矢印)01

少し下に下がると、Downloadボタンが現れます。

GIMPブラシダウンロード(矢印)02

⇒ ダウンロード

『gimparrow.zip』という圧縮ファイルがダウンロードされるので、解凍します。

解凍すると『gimp-Arrow』というフォルダーが出てきます。

この『gimp-Arrow』フォルダーをGIMP2の『brushes』フォルダーにコピーします。

ローカルディスク(C:) → Program Files → GIMP2 → share → gimp → 2.0 → brusches
※パソコンの環境により違う場合もあります

GIMPブラシダウンロード(矢印)04

GIMP2を開いている場合には一度閉じてください。

再び起動すると、矢印ブラシが追加されているのが分かります。

ブラシ

 

矢印ブラシの使い方

鉛筆かブラシを選びます。

ブラシ使い方05

描きたい矢印を選び、サイズや縦横比、角度を決めます。

決定したら、描きたいところでマウスを左クリックします。

ブラシ使い方02

ブラシ使い方03

矢印は何種類かあるので、使いながら覚えていくといいですよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
またのご訪問をお待ちしております。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特別無料プレゼント

無料プレゼント
600ページ以上のPDFマニュアルと、214分の動画セミナーからなる無料マニュアルです。
この機会にぜひお受け取り下さい。

特別無料プレゼント

サイト管理者:TAKASHI

ようこそ、当ブログへ。
現在、サラリーマンをしながらアフィリエイトやeBay輸出などもやっているサラーリマン事業主です。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
たまに応援お願いします

Twitter でフォロー

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート

当ブログで使用中のテンプレートです。



SEO対策の取られたテンプレートを使用することにより、ブログ立ち上げからわずか2週間でブログランキング1位獲得することができました。

スポンサードリンク

follow us in feedly

▲トップへ戻る