【WordPress】Googleドライブにバックアップするプラグイン

こんにちは、豊かな暮らしを目指すサラリーマン事業主のTAKASHIです。

あなたは、ご利用中のWordPressの記事をバックアップしていますか?

メニューやウィジェット、テーマの編集などをしていて予期せぬトラブルに見舞われ突然見えなくなってしまうかもしれません。

そんな時のために、定期的にバックアップしておくことをおすすめします。

今回は、バックアップに便利なプラグインの設定方法を紹介します。

 

UpdraftPlus × Googleドライブ

自分のパソコンにバックアップしても、パソコンが壊れても困ります。

自宅ではない場所でトラブルがあったらどうにもなりませんよね。

そこで私は、クラウドサービスでであるGoogleドライブにバックアップ出来ないものかと探してみました。

たぶん、WprdPressのバックアップで有名なのはBackWPUpと言うプラグインです。

『ワードプレス バックアップ』と検索すればたくさん出てきます。

最初は、これを使おうと入れてみたのですがGoogleドライブへ保存したい場合にはPro版へのアップグレードが必要だったので違うものを探してみました。

DropBoxをご利用の方はそのまま使えますよ。

バックアップ01

 

UpdraftPlusのインストール

そこで、見つけたのがUpdraftPlusでした。

Googleドライブのアカウントは取得済みでの考えで進ませていただきます。

プラグインの新規追加からキーワードでUpdraftplusと検索します。

バックアップ02

今すぐインストールをクリックし、インストール後にプラグインを有効化をクリックします。

バックアップ03

 

UpdraftPlusの設定と、GoogleドライブAPIの取得

インストールが終了したら、左のメニューの設定からUpdraftPlus Backupsを選択します。

バックアップ04

UpdraftPlus Backupsの画面になったら、設定タブをクリックします。

バックアップ05

設定画面に移動します。

バックアップ06

保存先を選択中から、Google Driveを選択します。

バックアップ07

Google Driveの設定が開くので設定していくのですが、これにはGoogle DriveクライアントIDとシークレットキーが必要になります。

Googleドライブ側での設定に移るのですが、その際に下の赤枠で囲ったリダイレクトURLが必要になります。

メモ帳などに貼り付けておきましょう。

バックアップ08

あなたのGoogle APIコンソールには、このリンクをたどって、そのドライブのAPIをゆう講師に、APIアクセスセクションのクライアントIDを作成します。』をクリックし、Google APIコンソールに移動します。

コントロールキーを押しながら、マウスで左クリックすれば新しいタブが開きます。

Google Developers Consoleに移動するので、Google APIを利用するをクリックします。

googleドライブapi01

新しいプロジェクトの設定が開くので、設定していきましょう。

  • プロジェクト名:自分の分かりやすいIDを設定します
  • 新機能のお知らせ:どちらかを選びます
  • 同意:はいを選択します

設定が終わったら作成をクリックします。

googleドライブapi03

Google各サービスのAPI画面が開くので、Google Apps APIの中にあるDrive APIを選びます。

googleドライブapi04

Drive APIの設定画面が開くので、Enableをクリックします。

googleドライブapi06

EnableがDisableに変わります。

左のメニューの認証情報をクリックします。

googleドライブapi07

認証情報画面に移動したら、OAuth同意画面をクリックします。

googleドライブapi08

ユーザーに表示するサービス名に自分で分かりやすい名前を記入し保存をクリックします。

googleドライブapi10

上部のタブより、認証情報をクリックし認証情報画面に移動します。

認証情報の、Create credentials ▼をクリックします。

googleドライブapi10-0

メニューが現れるので、OAuthクライアントIDを選択します。

googleドライブapi10-1

クライアントIDの作成画面が開くでの、ウェブアプリケーションを選択します。

承認済みのリダイレクトURIに、先ほどメモ帳にコピーしたIDを貼りつけ作成をクリックします。

googleドライブapi12

OAuthクライアントIDとシークレットキーが表示されるので、メモ帳にコピーしておきます。

googleドライブapi13

これで、Googleドライブ側の設定は終わりです。

googleドライブapi14

再び、UpdraftPlusの設定画面に戻ります。

先ほどメモ帳にコピーしておいた、クライアントIDとシークレットキーを貼りつけます。

バックアップ08-1

下にスクロールしていくと、Eメールでの通知をするかの設定があります。
バックアップした時にEメールで通知が欲しい場合にはチェックを入れておきます。

バックアップ08-2

一番下の変更を保存をクリックします。

バックアップ08-3

画面中ほどにある、Authenticate with Google:あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、設定を保存した後、一度戻ってここに来るとGoogleを使用して認証を完了するには、このリンクをクリックしてください。をクリックします。

バックアップ08-4

Googleの画面に移動し、許可のリクエストが出るので許可をクリックします。

バックアップ11

再びUpdraftPlus Backup/Restoreの画面に戻るので、設定タブをクリックします。

バックアップ11-1

自動でバックアップするためには、ファイルバックアップスケジュールとデータベースバックアップスケジュールを設定します。

スケジュール期間と保持数を設定します。

私は1週間ごとにバックアップするように設定しました。

バックアップ12

設定が終わったら、一番下の変更を保存を必ずクリックしてくださいね。

 

手動でバックアップ

現在の状態タブの、今すぐバックアップをクリックします。

バックアップ14

バックアップ内容の設定画面が開きます。

そのままで良ければ、今すぐバックアップをクリックします。

バックアップ15

バックアップの進行状態が表示されます。

記事や写真が多いければ時間が掛かるいので、しばらく待ちましょう。

バックアップ11-2

Googleドライブ側を確認したところ、フォルダーが自動で作成されしっかりバックアップされていました。

マイドライブ   Google ドライブ

長かったですね、お疲れ様でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
またのご訪問をお待ちしております。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特別無料プレゼント

無料プレゼント
600ページ以上のPDFマニュアルと、214分の動画セミナーからなる無料マニュアルです。
この機会にぜひお受け取り下さい。

特別無料プレゼント

サイト管理者:TAKASHI

ようこそ、当ブログへ。
現在、サラリーマンをしながらアフィリエイトやeBay輸出などもやっているサラーリマン事業主です。

詳しいプロフィールはこちらから

人気ブログランキング


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
たまに応援お願いします

Twitter でフォロー

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート

当ブログで使用中のテンプレートです。



SEO対策の取られたテンプレートを使用することにより、ブログ立ち上げからわずか2週間でブログランキング1位獲得することができました。

スポンサードリンク

follow us in feedly

▲トップへ戻る